横浜の投資用マンションの選び方

横浜は人気のあるエリアで、人口減少の影響も受けず、着実に人が増え続けている都市です。投資用マンションを持つには、良い場所と言えるでしょう。近年は賃貸物件余りが進んでいますから、マンションの立地の選択は非常に重要です。人口が増加し続けている横浜は、他の都市よりも条件がいいですが、ただそれでも、市内ならどこでも、というわけにはいきません。横浜は18の区に分かれており、中には人口が減少している区もあります。最近は郊外の戸建てから、駅のそばのマンションに移り住む高齢者も増えていますから、人気の都市とはいえ、その中での立地が非常に大事です。多くの路線が通っており、駅も多いですので、郊外でなく、なるべく駅から徒歩圏内の物件を選んだほうが無難です。

投資用なら郊外よりも駅のそばに

投資用マンションは、立地がなによりも大事です。人口が増え続ける人気の都市であっても、区によって大きく様子が異なりますし、駅のそばとバス便だけの郊外では、需要がまったく違います。多くの区を擁し、面積も広大ですので、立地をよく検討し、吟味して物件を選ぶことです。当然、中区が最も望まれるところですが、価格は非常に高額です。関内や横浜駅周辺なら、人口減少が進んでも、安泰と考えられます。物件が古くなっても、家賃をあまり下げずに済みそうです。限られた範囲に人が集中する、まさに中心地です。しかし、物件数も限られており、手の届く金額でない場合が多いため、他の区で条件の良いところを探すほうが現実的でしょう。郊外の住宅地よりも、中区周辺の区の、駅のそばが無難であると考えられます。

中区以外で検討するなら駅に注目

特に南区などの、京浜急行や市営地下鉄の駅のそばの住宅地などは狙い目でしょう。南区は場所によっては、徒歩でも中区の繁華街に出られます。各駅停車を利用しても、すぐ中心地へ行けるため、便利な場所です。少し中区から遠くても、京浜急行の快速特急が止まる駅から徒歩圏内であれば、比較的無難な場所と考えられます。いずれにしても、駅から徒歩圏内であること、中区から遠い区なら主要駅のそばであることがポイントとなるでしょう。最近は、バスだけ利用できる郊外の戸建て住宅から、駅のそばに移り住む高齢者が増えています。高齢化社会は今後ますます加速しますから、高齢者の需要は無視できません。運転免許を取らない若者も増えているため、駅から徒歩圏内というのは、外せない条件となります。