投資用の横浜のマンションの費用

横浜市は人口が減少に転じた現在でも人が増え続けている人気の都市で、投資用のマンションを持つ候補に挙がりやすい場所です。横浜市内に住んで都内に通勤通学するというのも人気の方法ですから、投資用万マンションを購入する場所として注目を集めるのもうなずけます。投資用マンションには、一棟買いと区分所有のふたつの方法があります。一棟買いというのは、あまり多い例ではないので、区分所有で見ていくと、費用は三百万円台からあるようです。当然ワンルームで、面積はかなり狭いです。高いものだと、六千万円台半ばとなります。2LDKで中華街から徒歩圏内という好立地だと、そうした価格になります。まず空室が続く心配のないこうした好立地の物件だと、数も限られ、非常に高額です。

人気物件は空室リスクが少ないが

横浜市は全国でも屈指の人気都市で、投資用マンションを持つには比較的適した場所と言えます。横浜市は人口が減少に転じた我が国にあって、人口の増加が続いてもいますから、よほど立地の選択を誤らなければ、空室が続くという事態も避けやすいでしょう。たとえ人気都市で全体的には人口が増え続けているにしても、18ある区の中には、人口が減少しているところもあります。物件を選ぶ際は、物件価格だけでなく、立地も重視し、空き室リスクを避けることを第一に考えることが望まれます。空き室リスクがほとんどない人気物件は、非常に高額です。購入価格だけでなく、その後の固定資産税も相当なものになります。毎月負担する修繕積立金や管理費も、物件価格が高ければ、かなりなものになるはずです。

空室状態が続けば持ち出しが続く

物件の購入費用だけでなく、固定資産税や修繕積立金、管理費も考慮に入れて選択しましょう。賃貸するなら、貸し手には、借り手が不自由なく暮らせるよう、居住環境を整える義務があります。水回りの修理交換費用も見ておきます。数年ごとにかなりの費用がかかることを覚悟しておきましょう。最も考慮すべきは、空室リスクです。人が住まなくても、室内は傷みます。人が住まないほうが、傷むとも言われます。空室が続いても、固定資産税や修繕積立金、管理費のみならず、室内設備の交換費用もかかることを踏まえておきましょう。空室リスクのほとんどない高額物件は競争が激しく、手の届きやすい物件は、ある程度の空室リスクや家賃の値下げを覚悟しなければなりません。以上を考慮しながら立地を最重視して、物件を選択することです。