投資用に横浜でマンションを探すコツ

投資用に横浜でマンションを探すコツは、利回りの高い物件を探すことです。家賃収入とローン返済の割合のことですが、複数の物件を比較する際の目安となります。居住用の物件は自分の生活環境などを基準に選ぶことになりますが、賃貸物件の場合には賃借人が住みやすいものを選ぶ必要があります。そしてそのポイントとなるのが利回りです。ただし新築の場合には、販売会社の利益が上乗せされるので割高となります。当面の家賃をいかに高く設定できるかが注目すべきポイントと言えます。中古物件ならば安く購入できますが、古くなった設備の入れ替えなども必要になります。維持費がかかるので出費がかさむことがないように注意する必要があります。このような点に注意しながら探すことになります。

中古物件を探す場合のポイントについて

横浜には立地条件の良い中古の投資用マンションが多く販売されています。価格が安く、利回りも高いのが利点です。その代わりに、築年数によってはローンの返済期間が短くなりますし、頭金もある程度は必要となります。そこで自己資金をどの程度用意できるのか、毎月の返済を家賃で補うことができるのかをチェックすることが大事です。さらに古い物件となれば、手入れのために色々と出費が増えます。その分も考慮して資金計画を立てる必要があります。このような点も事前によく勉強しておくことが大事です。さらにサラリーマンの場合、確定申告で還付される税金がどの程度確保できるのかも知っておくことが必要となります。建物の減価償却費はどの程度か、節税効果はどのくらい確保できるかがポイントというわけです。

新築物件を探す場合のポイントとは

横浜では新築のマンションも多く建設されています。高層タイプの物件も投資用として購入されるケースが増えています。資産価値の高さが人気の理由ですが、大事なのは家賃の利回りです。値上がりを期待する人も増えていますが、基本的に築年数の経過によって価値は下がるものです。さらに地価が高いことでも知られるエリアなので、新築物件は値上がりしています。購入するとなれば負担もそれなりにかかります。ある程度は頭金を入れなければ、築年数が経過するとローン返済を家賃で補うことができなくなります。そのために年数の経過によって家賃はどの程度下がるのかを試算することも大事です。その上で長く保有するためには、どのような資金計画を立てれば良いのかを把握することが重要と言えます。